OUR PHILOSOPHY/理念

チョコレートの原料であるカカオ豆は、ラグビーボールのようなカカオポッドから取り出したタネです。

麻袋1つ、約60kgのカカオ豆を出荷するために大変な量のカカオポッドを収穫します。取り出したカカオ豆は発酵させる必要があり、出荷前に多くの手間がかかります。

その一袋60kgのカカオ豆によってカカオ農家が手にするのは、たったの1〜2ドルです。10人家族のカカオ農家が得る年収は日本円にして10万円程度です。チョコレートの末端価格を考えると、生産者への還元はわずかなものです。

市場経済において、富の偏在は避けられません。これはカカオ農家のような一次産業者に限らず、

二次産業者や多くの下請け企業、また企業内発明者などにも当てはまります。

行き過ぎた偏在を解消し、できる限りの還元を行うために、知識と智慧を以って仕組みづくりを行っていきたいものです。